カーボン堆積物によるエンジントラブルとは?

カーボン堆積とは

どこが違うPEA?

PEAの経済性

製品説明



 技術資料
   もくじ


技術資料Part1

技術資料Part2

燃料による影響
ガソリンでの違い

燃焼室テスト結果
直墳エンジンなど

よくある質問等
技術資料Q&A




ご使用方法



携帯からご注文

PCからご注文



訪問販売法に
基づく表示
お問い合わせ
(個人情報保護法)




モニター募集



お問合せフォーム

当ホームページは日本向けの情報です。このサイトの構成、レイアウト・デザインに関する著作権は、エフティーシー有限会社ツバキコーポレーションに帰属します。
またホームページに記載されている内容は、予告なく変更することがあります



オーナーズクラブ
リンク集
カーオーナーズクラブのリンク集


ビジネス企業
リンク集



モニター体験後の
モニターご返答




エンジンへの癒しエンジン内部清浄剤


PEAエンジンコンデショナー

技術資料 エンジン清浄剤の経済性について

 About ECONOMY
ポリエーテルアミンの効果による経済性
エンジンイメージ
エンジン内部に蓄積したカーボン堆積物の除去作業するとして、一般的にエンジンのオーバーホールやフューエルラインクリーニングシステムなどがあります。どれも一定の作業時間と工賃がかかります。当製品は明らかにコストパフォーマンスに優れています。

当製品はエンジンメンテナンスの必至パーツですが、日々のランニングコストにも大きく貢献します。
メンテナンスのためだけに当製品をお使いいただくのではなく、お使いいただくことにより経済性(ランニングコスト低減)も見逃せないポイントなのです。

レギュラーガソリンとハイオクガソリン

レギュラーガソリンとハイオク(プレミアム)ガソリンの違いは、“オクタン価が違う”、ということは多くの方がご存知ですが、その他にカーボン堆積物(デポジット)の蓄積を防ぐ清浄成分の配合量も違います。
レギュラーガソリンの場合、米国のように環境の配慮から法律にて(*注)清浄成分の配合を義務付けることなく、ほぼ清浄成分は配合されていないのが現状です。(*注:米国においては1995年よりガソリンの清浄剤の添加が義務付けられています。)
ハイオクガソリンはメーカーによりばらつきはありますが、清浄成分は約150ppm(1万分の150)の配合が最大です。この量ですとカーボン堆積しにくくする効果はありますが、堆積を完全に防ぐや、ましては除去する力はありません。

PEAエンジンコンデショナー

ハイオクガソリンの清浄成分の配合量は一番高いもので約150ppm近辺ですが、当製品を1本規定量入れると約5,000ppm(ハイオクの30〜40倍)ぐらいになります。これがカーボン堆積を除去する効果の証明です。
但し、当製品はトルエン系等の溶剤を使った添加剤とは違い、オイルシールやパッキン類を傷めません。

. 吸気システム 燃焼室
キャブレター インジェクター インテークバルブ
レギュラーガソリン デポジット堆積 デポジット堆積 デポジット堆積 デポジット堆積
ハイオクガソリン 悪化防止 悪化防止 悪化防止 デポジット堆積
PEAエンジンコンデショナー クリーンアップ クリーンアップ クリーンアップ クリーンアップ

PEAエンジンコンデショナー を使ったときの経済性

例1)ハイオクガソリンをお使いになるのと、レギュラーガソリン+PEAエンジンコンデショナーの場合
普段ハイオクガソリンをお使いのクルマも基本的には、レギュラーでも支障なく走れます。(ただし自動車メーカーも公表していますが、何%かの馬力低下があります。)
この場合、ハイオクはレギュラーよりリッターあたり約10円高いですが、50L給油した場合
500円の差 が出ます。3回給油すると 1,500円 の違いです。
清浄成分の配合量からすると、レギュラーガソリンに当製品を1本の1/10(10%)だけ使っても、はるかにハイオクより高くなります。
つまり長期にわたり、カーボン堆積物の除去と防止、燃費悪化防止、パワーダウンの防止、エンジンコンデションの悪化防止に効果があり、ランニングコストも下がります。


例2)ガソリンの種類に関わらずPEAエンジンコンデショナー を定期的に使う場合
当サイトに毎月モニターのご応募を頂いておりますが、多くの場合、燃費悪化、ノッキング、アイドリング不調等のトラブルを抱えているのに関われず、直ぐに対策をしない方が多いです。
この場合、カーボン堆積物がより固着し、当製品を投与しても、すぐにカーボン堆積物の除去出来ず、一定の時間を要する場合があります。
悪化する前に何らかの処置をすべきです。
燃費悪化において、5%悪化しても、例えば10km/Lが9.5km/Lに悪化。0.5km/Lの差があります。つまり50リットル消費した場合、2.5リットルのガソリンの差が出ます。この差は(ガソリンをリッター150円と換算すると)
375円もの差 になります。
当製品を5,000kmに1本投与してもコストパフォーマンスは優れています。




→次の項目に TOPページに戻る
製品説明
製品説明と、製品のもたらす効果など、簡単にご説明

カーボン堆積Deposits | PEAとは | PEAの経済性 | PEAの製品説明 | PEAご注文方法 | モニター募集 | PEAエンジンコンディショナー | エンジン内部清浄PEA


*ご質問等は PEAお問い合わせフォーム までお問い合わせください。


PEAエンジンコンディショナー